人気ブログランキング |

just beside you Ⅱ

シューベルト/即興曲集Op.90 & Op.142

No.183 : 器楽曲


 シューベルトは、その生涯に100曲以上ものピアノ曲を作曲していますが、その最後を飾るのが2組の「即興曲集」です。この2組は、4曲ずつ作品90と作品142としてまとめられていて、どの曲もシューベルトらしい旋律の美しさを楽しめる佳曲だと思います。

 私は『ヴィルヘルム・バックハウス最後の演奏会』のアンコール曲として録音された盤で初めて、作品142-2の即興曲を聴きました。1969年6月28日の演奏会では途中心臓発作を起こしながらも、休憩後にバックハウスが弾いた最後の曲でもありました。バックハウスのまさに枯淡の境地、祈りを捧げ無心にピアノと戯れるような演奏です。一週間後の7月5日に85歳の生涯を終えたバックハウスの<白鳥の歌>に、強い感銘を受けたことを覚えています。
このように作品142の「第2曲Allegretto変イ長調」はとても短い曲なのですが、本来はメヌエット風の優雅な気分に満ちています。素朴で美しい主旋律は、微妙に表情を変えながら幾度も繰り返されていきます。最後は余韻を詩情豊かに残しながら終結していきます。本当に美しい曲です。
 


d0340028_14272258.jpg推薦盤
disc1 : リリー・クラウス


 国内盤LP 日KING K18C-8505
 録音:1967年
 *軽やかな旋律が泉のように溢れ、流れるように弾かれていきます。
  サラッとしてますが、ほどよい緊張感の中で一曲一曲、おとぎ話を聞くようです。



d0340028_14273033.jpg推薦盤
disc2 : ウィルヘルム・ケンプ


 輸入盤LP 独DGG 139149
 録音:1965年
 *シューベルトらしくよく歌いながら、抒情的で穏やかな雰囲気を大切にした演奏です。







今日の写真 : 祇園祭後祭・宵山と屏風祭   2019.7.23撮影 京都市中京区

 

今年は7月24日の祇園祭後祭の山鉾巡行を見に、京都へ行ってきました。
 宵山の期間中には屏風祭として、山鉾周辺の旧家や老舗が屏風や掛け軸などの秘蔵品を公開してくれています。
 新町通をぶらり宵山散策をしようかなぁ~って考えながらバスを降りると、突然のゲリラ豪雨に遭遇です! 
 大船鉾さんの軒先で一時間ほど雨宿りさせていただき、小雨になる頃に再び宵山見物へでかけました。

Instagram には、fragile2288 で投稿しています。https://www.instagram.com/fragile2288/?hl=ja


d0340028_14301245.jpg


d0340028_14301928.jpg


d0340028_14302877.jpg


d0340028_14304927.jpg


d0340028_14310087.jpg


d0340028_14311719.jpg


d0340028_14312539.jpg


d0340028_14313440.jpg


d0340028_14314299.jpg


d0340028_14315043.jpg


d0340028_14315897.jpg



# by dindi_48 | 2019-07-28 14:49 | 器楽曲 | Comments(6)