just beside you Ⅱ

ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調Op.27-2「月光」

No.96 : 器楽曲


 昔から「月光」という愛称で親しまれているこの「ピアノ・ソナタ第14番」ですが、この題名はベートーヴェン自身がつけたものではないようです。故志鳥栄八郎氏の著書『ピアノ音楽の楽しみ』には、<詩人レルシュタープがこの曲の瞑想的な第1楽章を聴いて、「スイスのルツェルン湖の月光にたゆとう小舟のごとく・・」と表現したことからつけられたものだ。>とありました。まさしく第1楽章冒頭の神秘的な三連音符の序奏に続く優美な旋律は、限りなく幻想的でロマンティックです。『雲間から射す月明かり 微かに見える湖面の小舟 微かなさざ波ににゆれる月の光・・ 』と、そんな情景が目に浮かぶようです。
 さて昨夜、満月が地球の影にすっぽりと隠れる皆既月食がありました。しかも今回の皆既月食は特別な「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」でした。
それは、月が地球にとても近くて普段より大きな満月(スーパームーン)で、ひと月で2度目の満月(ブルームーン)のうえ、皆既月食になって月面が血のような赤銅色になるブラッドムーンというわけです。昨夜は、時々薄雲が月を隠したりして思うような観測はできませんでしたが、1時間を越える赤銅色に染まった皆既中の月と前後の部分食を久し振りに堪能しました。




d0340028_15370773.jpg推薦盤
disc1 : ウィルヘルム・バックハウス(p)


 併録曲:ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第15番ニ長調Op.28「田園」
     ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第16番ト長調Op.31-1
 輸入盤LP 英DECCA SXLA 6452/61 小デッカED4 Box10LP

 録音:1958年
 *虚飾や甘さ、耽美を排斥した骨太の演奏。
  しかも「月光」という標題に相応しく、幻想的で表情豊かな演奏でもあります。









今日の写真 : 皆既月食   福島県郡山市 2018年1月31日撮影 

d0340028_15352203.jpg


d0340028_15353430.jpg


d0340028_15354202.jpg


d0340028_15355598.jpg


d0340028_15361372.jpg


d0340028_15363328.jpg


d0340028_15364148.jpg


d0340028_15544730.jpg



[PR]
by dindi_48 | 2018-02-01 15:59 | 器楽曲 | Comments(0)